横井小楠と出会った人々

幕末の人々 坂本龍馬 勝 海舟 吉田松陰 高杉晋作
熊本の人々 徳富一敬 内藤泰吉 横井大平 元田永孚
福井の人々 松平春嶽 由利公正 橋本左内
そのほかに 徳川慶喜 岩倉具視

坂本龍馬

坂本龍馬とは都合6回会っている。

第1回は、松平春獄の紹介で江戸で、文久2年(1862)8月。

文久3年(1863)5月19日、同年7月下旬は、福井で。

4回目は、文久4年(1864)2月、勝海舟の遣いで、龍馬、小楠を訪ねる。対談した11畳の客間が四時軒に残っている。龍馬の話を聞き、「海軍問答集」を執筆することなる。

5回目は、元治元年(1864)4月、横井大平ら3名を、勝海舟に入門させる。

6回目は、慶応元年(1865)5月、、二人は意見の対立をみた。小楠の構想には長州藩は念頭になかった。一方、龍馬は、元治元年8月、西郷と意気投合、長州藩の薩摩不信を除去するよう仲立ちしていた。龍馬は、「薩長同盟」(慶応2年1月成立)の推進に対し、小楠に見守り助言して欲しかったのだが、当時の小楠は、沼山津蟄居中で、その構想を云々する国内事情に通じてなかった。そういう訳で、二人は訣別に至るが、生涯、龍馬は、小楠を尊敬し、明治維新政府の参議に推薦している。

この時、話が人物論に及んだ。小楠が龍馬に、「俺はどうだ」と尋ねると、龍馬は、「先生は二階に座ってきれいな女どもに酌でもさせて、西郷や大久保がする芝居を見物なさるがようござる。大久保どもが行き詰まったら、ちょいと指図してやって下さるとよございましょう」と答えた。龍馬の「舟中八策」には、小楠の「国是七条」等の主義主張が、多く取り入れられている。