横井小楠と出会った人々

幕末の人々 坂本龍馬 勝 海舟 吉田松陰 高杉晋作
熊本の人々 徳富一敬 内藤泰吉 横井大平 元田永孚
福井の人々 松平春嶽 由利公正 橋本左内
そのほかに 徳川慶喜 岩倉具視

高杉晋作

高杉晋作も、小楠を長州藩へ招こうとする

万延元年(1860)、福井の小楠を訪ねる。

その時の印象を、「横井なかなかの英物、一ありて二なしの士と存じ奉り候」。

翌年には、小楠を学頭兼兵制相談役として、長州藩に招聘したいという意見を述べている。