細川護久。維新時代の細川家当主。明治2年参与。第2代藩知事。熊本の藩政改革を行う。「古城医学校」「熊本洋学校」を創設。全体を見つめながら横井小楠の話に耳を傾ける細川護久。